本文へジャンプ


 南青山心理相談室の沿革

プロフィール


南青山心理相談室室長 池田 政俊

1985年、千葉大学医学部卒業。総合病院国保旭中央病院勤務を経て1989年6月、帝京大学医学部(付属市原病院)勤務。1990年5月、北山医院(現・北山研究所、南青山心理相談室)にて心理面接を開始。1996年1月北山研究所副所長、2008年4月同所長、2016年1月南青山心理相談室室長、2001年4月帝京大学院文学研究科臨床心理学専攻、2006年4月同教授、2009年4月同主任教授、博士(医学)、精神保健指定医、臨床心理士、日本精神神経学会認定精神科専門医、日本精神分析学会認定精神療法医スーパーバイザー。

●当相談室は精神分析や精神分析的心理療法の臨床実践、研究、教育、啓蒙活動を行う専門機関です。これまでにも多くの専門家を養成・輩出して来ました、現在も実践・研究・教育の場を求めて、様々な専門家たちが集って来ています。

ご自身をより深く見つめなおすために、また、抱えている心理的な問題を乗り越えるために、精神分析や精神分析的心理療法を利用したい方は是非ご来室下さい。


●相談室のスタッフは心理療法に関する研修を充分に積み、面接の経験も深い、精神科医と臨床心理士10数名で構成しています。人と人とのふれあいを大切にする、こころの相談室ですので、お気軽にご相談ください。



顧 問 
加藤 志ほ子

1966年、日本女子大学卒。19664月〜慶応義塾大学医学部精神神経科に助手として入局。済生会中央病院精神神経科、警友病院精神神経科などを経て1989年から慶応義塾大学環境情報学部/総合政策学部非常勤講師、桜美林大学大学院非常勤講師。2010年〜帝京大学文学部心理学科准教授。
(資格)臨床心理士、日本精神分析学会認定精神分析的心理療法士。





顧 問
 北山 修

1946年、淡路島生まれ。
1972年、京都府立医科大学を卒業し、ロンドン大学精神医学研究所で研修。
その後北山医院(現・北山研究所、南青山心理相談室)院長。1991年より九州大学教育学部カウンセリング講座助教授。2000年より九州大学大学院人間環境学研究院教授。2001年より同大学院医学研究院教授を兼任。2010年3月退官。現在、九州大学名誉教授。専門は精神分析。




北山修に関するお問合せはメールか,ご郵送でお願いいたします

○精神分析とその教育に関するお問合せは

kitayama1946@gmail.com(北山あて)



郵便物取次先

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-44 南青山CITY HOUSE 203
南青山心理相談室 北山修あて

※お電話での取次は一切しておりません。



1946年に北山一郎が京都駅前に北山医院を開業。
1981年に東京青山で北山修により精神分析クリニックとして10年間運営される。
1991年10月1日より、この医院をさらに発展させて北山研究所を設立。
2000年に北山研究所相談部門として南青山心理相談室を併設する。
2011年7月19日より、南青山心理相談室を現在の場所に移転させる。
2016年1月、南青山心理相談室が北山研究所から独立。


*1991年からは北山修の意志を継ぐ後輩たちで運営し現在に至る。